ローンが残っているまま札幌の不動産や分譲マンション手放すには

ローンが残っているまま札幌の不動産や分譲マンション手放すには

不動産(マンション・戸建・土地)を売却するお客様のご都合には、様々なケースがあります

札幌の不動産(マンション・戸建・土地)売却をしなければならないと考えるとき、
お客様によりましては、住宅ローンが残っているので、難しいとお考えになる方もいらっしゃるようです。

しかし、実際には住宅ローンが残っているケースは、決して少なくはありません。

想定外の転勤などがあり、住宅ローンの支払い半ばで不動産(マンション・戸建)の売却をすることは、決して困難なことでもありません。

所有されている不動産(マンション・戸建)のローンの残債は、
売却する相手(買い主様)の資金を充当することで完済することが出来ます。

 

手続きとしては、
同日に売却時のローン残債抹消手続きと買い主様への所有権移転登記手続きを行います。
ILB02041
それは、買い主様の資金計画が現金購入であっても、住宅ローン利用であっても同様です。
合わせて、売主様は、次の転居先を購入する場合でも住宅ローンを利用することが可能です。
(いくつかの要件は、必要になります。)

時には、住宅ローンの残債額が、売却査定価格を上回っていているケースもあります。

事前に、金融機関を交えた相談が必要になりますが、この場合でも売却することは可能です。

当社は、そのサポートをさせて頂きます。

ですので、住宅ローンがまだ残っているから売却出来ないとはお考えにならずに、
ぜひ当社センチュリー21アルクホームまで、ご相談を頂きたく思います。

⇒ 売却に関するお問い合わせはこちら

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ