戸建売却

戸建ては、土地建物がマンションのような共有不動産ではありませんので、
現状について、しっかりと把握することが求められます。
ただ、手続きの基本は同じです。
不動産会社に査定依頼をし、売却依頼をして購入希望者と売買契約を締結して流れは、同じです。

1.建物について

現状についての把握が必要です。雨漏り・構造上のゆがみ等の劣化がある場合は売却の条件として重要なポイントです。
また未登記の増築部分などは、その旨を不動産会社にお話しして頂く事が大事です。その部分の登記をしませんと、買い主が住宅ローンの利用が出来ない場合があります。増築時の図面等の資料をしっかりと揃えましょう。

2.土地について

土地の現状についても、把握が必要です。境界標が明示されているかどうか、隣地との間で、塀や屋根の一部など越境しているものは無いか、などの現状確認が重要です。
また隣地間で取り交わした書類等が有る場合は、全て買い主に引き継ぐことになりますので、ご用意下さい。

※センチュリー21アルクホームでは、信頼出来る土地家屋調査士・司法書士と提携をしております。上記について、不明瞭な点など有る場合は、売却の際の対応をしっかりサポートさせて頂きます。

センチュリー21アルクホームにお任せください
0120-288-622
無料査定 無料相談・お問い合わせ
お役立ち情報
ページのトップへ
0120288622
無料査定 無料お問い合わせ